アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 6月中旬の花々1/ニワナナカマド・カキ2・アキレア(ノコギリソウ)2・オダマキ | メイン | リクガメの名前が決まる・・・「キョロ」 »

2012年6月26日 (火)

6月中旬の花々2/ヒマワリ・ヒメツルソバ・センリョウ

 

今日は6月26日。

 

RIMG0073 6月11日撮影 通勤路

RIMG0074

ヒマワリ

 

矮小品種。ビックスマイルかな?

また昔話ですが、20年ほど前に緑化委員をやっていた時に、

運動場の一辺に矮小のヒマワリの種をまきました。

運動場にヒマワリが並ぶなんていいなと思いました。

もくろみ通り、ヒマワリの花が咲きました。

しかし、花期が短かったです。え、もう終わっちゃったのと思ったことを思い出しました。

今の矮小品種、どれくらいの花期なのだろう?

 

 

 

 

RIMG0078 6月11日撮影 通勤路

RIMG0080

ヒメツルソバ

 

庭の花」(山と渓谷社)には、

非常に丈夫な植物で、肥料のあたえすぎや過湿に注意するくらいで、

放任しても勝手に育つ。

とありました。

 

壁にはりつくように育っている姿は、

ヒメツルソバの強さの証明でしょう。

 

 

 

RIMG0001 6月12日撮影 自宅

RIMG0005

センリョウ

 

センリョウは上向きに実がつき、

実が似ているマンリョウは下向きに実がつきます。

晩秋に実ができるのが楽しみ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/603251/31072243

6月中旬の花々2/ヒマワリ・ヒメツルソバ・センリョウを参照しているブログ:

コメント

同時にマンリョウの花も咲く時期ですよね。拙宅には黄色と朱色の千両・白色と朱色の万両に大実万両(朱色)があり、後者は今も実を付けたままなので近々アップします。雑学の間これに一両(蟻どおし)があると、「千両万両有りどおし」になる草ですが、残念ながら(^0^;)

「千両万両有りどおし」という言葉を初めて聞きました。
一両というのもあるんだ。
マンリョウの花を探してみたいと思います。
コメントをありがとうございます。

コメントを投稿

最近の写真

  • Photo_3
  • Photo_2
  • Rimg1966
  • Rimg1965
  • Rimg1964
  • Rimg1963
  • Rimg1962
  • Rimg1961
  • Rimg1960
  • Rimg1959
  • Rimg1926
  • Rimg1925

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼