« 「戦火に消えた幻のエース」 広瀬習一と神田武夫 | メイン | 「消えた春」・・・特攻隊の人たちの気持ち »

2012年4月23日 (月)

小鶴誠の言葉「ボールが止まって見えた」

  

今日は4月23日。再スタートから10日目。

  

戦中のプロ野球選手の本をまた読みました。

消えた春 特攻に散った投手 石丸進一」(牛島秀彦著/河出文庫)です。

石丸進一については以前書きました。

「日本プロ野球復活の日」1 大下弘/石丸進一html

   

石丸進一と同僚だった小鶴誠に注目。

本にあった写真を載せます。

EPSON088
   

同じ名古屋軍でした。

※戦時中のユニフォーム。

名古屋軍の「名」は、日本の同盟国ドイツのナチスのハーケンクロイツをまねていました。

でもこれは逆向きだから卍(まんじ)かな。

   

小鶴誠について調べていて、自分の思い違いに気がつきました。

彼は1950年に51本のホームランを打ち、王貞治に塗り替えられる前の日本記録者でした。

同年に記録した打点161打点は、いまだに破られていない記録です。

彼はこの時こう言います。

ボールが止まって見えた

  

あれ?これは川上哲治の言葉では?

でも小鶴誠の言葉でした。

   

川上哲治の言葉として有名な「ボールが止まって見えた」は、小鶴が50本塁打を放った際の言葉である。

不人気球団を渡り歩いた小鶴では記事にならないと、報知新聞記者が川上の言葉に捏造したものである。

当時の巨人絶対主義は今日の比較ではなく、そのまま定着してしまった。(「Wikipedia 小鶴誠」0

   

そりゃあいかん。この言葉は、本当に言った人の言葉にすべきです。

  

  

  

  

後記:「ボールが止まって見えた」に関する記事は、

その後Wikipediaから消去されました。

報知新聞記者の捏造が捏造の可能性もあります。

引用の難しさを感じました。(2019年12月1日記)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/603251/31072659

小鶴誠の言葉「ボールが止まって見えた」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • 1
  • 91jseiiazal
  • Epson219
  • Rimg2125
  • Rimg2124
  • Rimg2123
  • Rimg2121
  • Epson221
  • Rimg2174
  • Rimg2173
  • Rimg2171
  • Rimg2170

ありがとう幸せな毎日

楽餓鬼

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

今日はにゃんの日

◆Akira's Candid Photography

いま ここ 浜松

凛々しく前へ