アクセスランキング

Powered by Six Apart

« エノラゲイ/なぜ戦争へと向ったのか | メイン | 奈良公園2/Deer Line »

2011年8月24日 (水)

奈良公園1/鹿寄せ

   

今日は8月24日。

今日は21年目の秋味の発売日。

でもいつものようにコンビニ(サークルK)でフライング販売をしていて購入。

晩に、おいしく今年1本目を飲みました。

   

ほぼ1か月後には修学旅行。

夏休みが終わってから忙しそうです。

奈良公園について勉強したことを書いてみます。

   

奈良公園の飛火野(とぶひの/とびひの)という場所。

どこかというと、春日大社に接する林野だそうです。

奈良時代に烽火(のろし)が置かれたことから、この名があるそうです。

その飛火野で、面白い光景が見られると知りました。

ナチュラルホルンを吹くことで、森の奥からたくさんの鹿が走って集まってくるそうです。

「鹿寄せ」と言うそうです。

本当かな?と思ってyoutubeを検索しました。

ありました、ありました。

 

    

見事に集まってきます。

「鹿寄せ」はいつから始まったのでしょう。

曲は、ベートーベンの交響曲第6番「田園」の一節。なぜこの曲なのでしょう。

だれかそう仕向けた人がいるはずです。

   

調べました。

「鹿寄せ」を行っている奈良の鹿愛護会のポスターを見つけました。

※ http://naradeer.com/images/show/21sikayose.pdf

そこには「鹿寄せ」の歴史が書かれていました。

   

「鹿寄せ」は、1892年(明治25年)鹿苑竣工奉告祭に

ラッパを使って実施したのがはじまりで、

明治40年天皇行幸の際、県公会堂の庭でも行いました。

戦中戦後に一時中断することがありましたが、

昭和24年に復活、1980年に奈良市観光協会が

冬の観光客誘致のための奈良大和路キャンペーンで「鹿寄せ」を行って以来、

現在も毎年実施されています。 

     

まだ疑問が残ります。

なぜ「田園」?

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/603251/31073275

奈良公園1/鹿寄せを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Rimg0835_2
  • Rimg0835
  • Rimg1165
  • Rimg1160
  • Rimg1159
  • Rimg1157
  • Rimg1156
  • Rimg1155
  • Rimg1152
  • Rimg1150
  • Rimg1149
  • Rimg1141a

教材・教具のネタ帳 (特別支援の教材倉庫)

朝の豊邦420

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

目指せ幸せな生き方

楽餓鬼