アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 歴史秘話ヒストリア「宮沢賢治」 | メイン | 11月1日のヒガンバナ/仕事抜きで積み重ねた日々の小さな感動 »

2010年10月31日 (日)

歴史秘話ヒストリア「西郷隆盛」

 

今日は10月31日。

昨日に引き続いて「歴史秘話ヒストリア」のこと。

まずはこのテーマソングを。

 

※2018年5月24日記

久々にこの記事を見たら、テーマソングの画面が表示されませんでした。

あらためて、動画を転載します↓


YouTube: Kalafina 『storia』

 

  

8月25日放映の「のほほんと大胆にいきましょう~西郷隆盛のマイペース人生~」を見ました。

   

またまたいい勉強になりました。

「西郷隆盛」という名前に関するエピソードにビックリ。

本当は「西郷隆盛」は父親の名前であって、

本人の名前は「西郷隆永」でした。

RIMG0002たかなが 
     

明治の初期、明治政府が西郷に官位を与えるために、

名前を確認しようとしました。

その時西郷は、船に乗っていて移動中。

長期間連絡がつかない状況でした。

そこで、西郷の友人たちが下の名前を思いだそうとしました。

しかし、「西郷どん」「吉之助」と通称で呼んでいたので、

なかなか思い出せません。

RIMG0005a吉之助 
   

やっと、一人の友人が思いだして言ったのが「隆盛」。

その名が、政府の正式文書に記されてしまいました。

後で知った西郷は、「そいでよか」と言ったためそのままになったそうです。

RIMG0004そいでよか 

テストでも問われる「西郷隆盛」の名には、そんな秘話があったのですね。

       

     

西郷隆盛が2回島流しをされます。

その時の事情をあらためて知りました。

1回目は奄美大島。2回目は沖永良部島でした。

沖永良部島にある、やせた西郷の銅像は、

その時の過酷な牢生活を想像させます。

Bn54_2 
   

    

戊辰戦争で戦って政府軍に敗れた庄内藩。

その庄内藩に対して、寛大な措置をした西郷隆盛。

感激した藩士は、後に西郷に教えを請いに出かけます。

彼らが記した西郷の遺訓が紹介されました。


命もいらず 名もいらず

官位も金もいらぬという人は

始末に困るものだ

しかし この始末に困るような

人でなければ

国家の大業は成し遂げられない
   

    

番組を見て、西郷さんらしい言葉だと思いました。

この番組での西郷隆盛は、こんな感じでした。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/603251/31074061

歴史秘話ヒストリア「西郷隆盛」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Photo_3
  • Photo_2
  • Rimg1966
  • Rimg1965
  • Rimg1964
  • Rimg1963
  • Rimg1962
  • Rimg1961
  • Rimg1960
  • Rimg1959
  • Rimg1926
  • Rimg1925

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼