アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 10月27日 木星と月が接近 | メイン | 深山幽谷/大川入山へ »

2009年10月26日 (月)

火鉢11/魚は殿様に焼かせろ、餅は・・・

火鉢のことをずっと書いてきましたが、

10月22日に、ゲストティーチャーを招いて火鉢を扱う授業を行いました。

担任している子どものおじいさんと、お向いの家のおじいさんです。

まずは外で七輪の中で炭火を熾(おこ)しました。

新聞紙に火をつけ、杉の葉、使用済み割りばしを燃やして、

炭火を熾しました。

杉の葉がしっかり燃えたため、子どもたちは大騒ぎでした。

Pa220075   

       

        

    

熾した炭をバケツに入れて、教室へ。

用意されていた火鉢に炭を入れました。

火鉢は7つ。

Pa220091

   

    

   

暖まった教室で火鉢に関する話を30分ほどしてもらいました。

その時の話はまた後日。

巧みに話をしていただき、私の出番はありませんでした。

そして餅を焼いて食べました。

Pa220088     

     

      

    

餅に関する次の話をしてくれました。

「魚は殿様に焼かせろ、餅は貧乏な百姓に焼かせろ」

久々に聞いたこの言い回し。

魚は頻繁にひっくり返すと魚の表面が痛みダメになってしまうので、

命令するだけであまり手を出さない殿様がいい。

餅は頻繁にひっくり返した方がいいので、

もうできたかまだできないかと手を出す百姓がいい。

そんな話でした。

炭火で焼いたお餅。香ばしくおいしかったです。子どもたち大喜び。

ゲストティーチャーの方たちにとっても、

およそ15年ぶりの炭火で焼いたお餅だと喜んでくれました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/603251/31075169

火鉢11/魚は殿様に焼かせろ、餅は・・・を参照しているブログ:

コメント

私の、おじいちゃんは、どうでしたか?お手紙ありがとうございます。と言ってました。

おじいちゃんに、来年の4年生のためにまた火鉢の授業をやってくださいと伝えといてよ。

コメントを投稿

最近の写真

  • Photo_6
  • Rimg1949
  • Rimg1948
  • Rimg1947
  • Rimg1946
  • Rimg1945
  • Rimg1944
  • Rimg1943
  • Rimg1942
  • Rimg1941_2
  • Rimg1933
  • Rimg1932

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼