« 校庭の木の観察「マテバシイ」 | メイン | 校庭の「イチョウ」は雄株/ヤマボウシ/スイカ/ケヤキのコケ »

2009年6月21日 (日)

校庭の木の観察「ナンキンハゼ」の雄花・雌花

今日(6月21日)の観察。

校庭に最も多い本数ある「ナンキンハゼ」の花に注目しました。

ナンキンハゼの花も、クリやマテバシイのように長い花です。

そしてつけ根にあるのが雌花、先まであるのが雄花です。

特徴があるのが雌花。雌しべが3つに分かれるそうです。

今が花が咲いている時期。

本当に雌しべが3つにわかれているか確かめたくて、観察をすることにしました。

    

P6210015    

    

   

花に迫ってみます。

P6210052     

    

    

雄花のアップ。昼に撮影。午前の雨の水滴がありました。

P6210051      

            

       

いよいよ雌花のアップ。雌しべが3つに分かれているのがしっかり見れました。

P6210050     

    

      

さらには水滴に包まれた雌しべ。

P6210018     

    

      

     

この雌花にできる実(み)も、実(じつ)に興味深い。

その話は実を観察できた時にしようと思います。

今だから見れるものが見れて良かったです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/603251/31075555

校庭の木の観察「ナンキンハゼ」の雄花・雌花を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Rimg2373
  • Rimg2372
  • Rimg2371
  • Rimg2370
  • Rimg2369
  • Rimg2368
  • Rimg2367
  • Rimg2366
  • Rimg2365
  • Rimg2364
  • Rimg2363
  • Rimg2362

今日はにゃんの日

楽餓鬼

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

◆Akira's Candid Photography