« 最近のBGM「我流列伝」(MEGARYU) | メイン | 1985年を思い出す場所へ »

2008年11月 3日 (月)

これからの床屋に行く楽しみ「築地魚河岸三代目」

いつも行っている床屋さんは8時開店。

その時に行けば、待たずにやってもらえる。

昨日は2分ほど早めに着いたのに、すでに一人先客がいて、待つことに。

これが良かった。

築地魚河岸三代目 (1) (ビッグコミックス)

築地魚河岸三代目 (1) (ビッグコミックス)
はしもと みつお

小学館 2001-01
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

    

待合席にあったマンガ「築地魚河岸三代目」の1巻が面白かった。

夢中で読んで、半分残ったのは整髪後に読んだ。

こんなことをやったのは初めて。

    

映画にもなったマンガ本。

魚の専門知識が出てきて知識欲をくすぐられつつ、

人情味あふれるストーリーで、時々涙。

「心意気で仕事をしている人たちなのだから、

その気になったら損得勘定で動くんだ」と評される築地市場の人たちの話だから面白いはず。

主人公を助ける御前崎の漁師の息子がいい。

何かと主人公に技術を教え、心憎いサポートをする。

風貌は地味だが、実力がある。

主人公といいコンビである。

    

すでに24巻も出ているマンガ。

一気に読みたい気もするが、

身のまわりには読みたいものがたくさんある。

「築地魚河岸三代目」は床屋に行った時の楽しみにする。

一回行くごとに、一巻ずつ読んでいきたい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/603251/31076293

これからの床屋に行く楽しみ「築地魚河岸三代目」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • 71wrq8gp3yl
  • Epson223
  • Epson222
  • 81lshywdgxl
  • 1
  • 91jseiiazal
  • Epson219
  • Rimg2125
  • Rimg2124
  • Rimg2123
  • Rimg2121
  • Epson221

ありがとう幸せな毎日

楽餓鬼

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

今日はにゃんの日

◆Akira's Candid Photography

いま ここ 浜松

凛々しく前へ