アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 500本目の投稿・・・4月28日の桜/花芽から出た花の数/ついに毛虫発見 | メイン | 車で踏んづけていたタンポポ »

2008年4月29日 (火)

走り高跳び「起こし回転」理論は良かった

27日晩のNHKスペシャル「ミラクルボディー 3 ハイジャンプ 翼なき天才」は面白かった。

走り高跳びのトップ選手の話でした。

一人はアテネ五輪金メダリストのステファン・ホルム(スウェーデン)。

もう一人は、2007年の世界陸上でホルムを破ったドナルド・トーマス。

    

トーマスは天才型。陸上を始めてわずか1年半でホルムを破った。080427_b

アキレス腱が人より長く、それをばねにして、跳び方は常識破りであるが、ホルムに勝利する。

   

ホルムは努力型。

6歳から高跳びを始めて今は31歳。080427_a

高跳び選手では決して高くない身長181㎝。

しかし、練習をして強じんな体を作り、助走の力を有効に使う跳び方で2m40㎝の記録をもつ。(世界記録は2m45㎝)

跳ぶ瞬間に、体が棒のようになることで「起こし回転」の作用で高く跳ぶのです。

   

「起こし回転」の理論はとても興味深かったです。

棒を斜めに地面に投げつけると、水平方向のエネルギーが上昇方向の力に変換されて、棒が回転しながら跳ね上がる現象のこと。

助走を速くし、体を棒状態にして踏み切ると、この「起こし回転」で高く跳べるのです。

しかし、足首や足に強い負荷がかかり、ホルムの場合は650kg(体重の10倍)の力がかかるそうです。

ホルムは、練習によって、その負荷に耐えられる強い足を作り上げたのです。

彼のアキレス腱は、普通の人の4倍の堅さとのこと。

      

番組はトーマスとホルムの跳び方の比較、体の比較をしていきます。

天才型と努力型に途中までは分けていました。

しかし、最近のトーマスは、跳び方が常識破りだったものを改良し始めました。

ホルムのような「起こし回転」を使った跳び方に変えようとしてきました。

「努力」が始まりました。

彼は「ホルムに勝つため」とは言いません。

「世界記録を出すため」と言いました。(これも天才型であるが故かな?)

ただ、足は「起こし回転」のためには鍛えられていませんでした。

トーマスは故障して、しばらく跳べなくなってしまいます。

このあたり、神様は公平です。そう簡単にはホルムの真似はさせません。

    

オリンピックは夏。

この2人の戦いは注目です。

努力型のホルムと、天才型で少し努力を始めたトーマス。どうなるか。

   

テレビはやっぱり面白い。

今晩深夜、再放送あり。録画しよう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/603251/31076825

走り高跳び「起こし回転」理論は良かったを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Ougyo03_2
  • 9784408007953
  • Epson001
  • A0107574_18305618_2
  • A0107574_23435814_2
  • A0107574_1375198_2
  • Photo
  • Ae69f12f
  • A305304b
  • C98402aa
  • 1515cbcd
  • 614dujk39l

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼