アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 年賀状のネズミと大根 | メイン | 年を越すことのありがたみ・・秋味を飲み干しながら »

2007年12月31日 (月)

昔話のネズミと餅

12月30日は、毎年家内の実家に行って、餅つきをします。

Pc300007 Pc300008写真は、つく前とつき終わった後の餅の様子。

ついた直後の餅は、つやがあっておいしそう。

    

昔話を思い出すと、餅と来年のネズミとはけっこう相性がいいようです。

昔話「おむすびころりん」で、転がるおむすびを追いかけて穴に入ってしまったおじいさんは、

そこでネズミたちに出会います。

ネズミたちは餅つきをしていました。

おじいさんが、ネズミの餅つきを目撃する話は、

「ねずみのもちつき」という昔話もあります。

昔話「ねずみのすもう」では、いつも負けているやせたねずみに、

おじいさんおばあさんが食べさせたのは餅でした。

ネズミと餅の新しいお話の本ができたことを知りました。

11月に出版された下の本です。

いわむらかずおさんの本は読んだことがありません。

この「14ひきシリーズ」は有名なようです。

この本をきっかけに、また新しい絵本作家の世界に入っていこうと思います。

隣町の図書館にあるようなので、まずはそこで読んでみよう。

14ひきのもちつき 14ひきのもちつき
いわむら かずお

童心社 2007-11
売り上げランキング : 2786

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/603251/31077237

昔話のネズミと餅を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • 010162_01
  • Rimg1986
  • Rimg1985
  • Rimg1984
  • Rimg1983
  • Rimg1982
  • Rimg1980
  • Rimg1979
  • Rimg1978
  • Rimg1977
  • Rimg1976
  • Rimg1975

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼