アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 久石譲さんの曲に酔ってきました・・・マリと子犬の物語 | メイン | 「おしりかじり虫」の「虫」・・次の漢字さがし案 »

2007年12月24日 (月)

「だごだごころころ」・・・鬼が出てくる話あれこれ

終業式の日。通知表も渡し、あと10分で一斉下校の時に

読み聞かせで一気に読んでしまったのが「だごだごころころ」(石黒なみ子・梶山俊夫再話/梶山俊夫絵/福音館書店)でした。

むかしむかしあるところに気のいい、じいさんとばあさんがおったと。ばあさんはダンゴ作りがとてもうまかった。

ある日ダンゴを川に落としてしまい、それを拾おうとしてばあさんはオニにつかまってしまった。

おばあさんに恩がある赤トンボが、おばあさんを助けに来ます。

しゃもじが重要なアイテムになるお話です。おもしろい話でした。

2学期最後の読み聞かせの本でした。

  

鬼が出てくる話はよく聞きますが、どれくらいあるのでしょう。

興味に思って調べたところ、ちゃんと調べてくれているサイトがありました。

愛知県美浜町図書館のサイトです。

http://www.lib.mihama.aichi.jp/tokusyuoni.html

   

知っている本もいくつかあります。

「おにの赤べえ」(寺村輝夫著/理論社)はすでに読み聞かせして、学級文庫にあります。

中川ひろたかさんの「おにはうち!」は昨年度読み聞かせしました。学校の図書館にあります。

「鬼のおくりもの」(ひくまの出版)の作者、金田喜兵衛さんは、私が新任の時の校長先生!

5年生がシュプレヒコール劇をやった「泣いた赤鬼」もおなじみです。

「泣いた赤鬼」を書いた人は、浜田広介(ひろすけ)さん。

この素晴らしいお話をつくった浜田さんに興味あり。

1893年に山形に生まれ、1973年に亡くなった童話作家。

「日本のアンデルセン」と呼ばれるほどたくさんの童話を生みだした方のようです。

広介さんの童話は「ひろすけ童話」と呼ばれ、小学校低学年をもひきつけるやさしく切ない童話として有名。

1990年からは、ひろすけ童話賞なるものができ、すぐれた幼年童話作品に贈られるとのこと。あのさだまさしさんも受賞しています。

そのさだまさしさんが、浜田広介さんの作品を朗読したCDも発見。興味ありです。

http://www.rakuten.co.jp/onsei/646152/646168/646171/

   

広介さんの本、そして鬼が出てくる話。冬休み中にいろいろ当たってみたいと思います。

節分もやってくることだし・・・。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/603251/31077253

「だごだごころころ」・・・鬼が出てくる話あれこれを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • 010162_01
  • Rimg1986
  • Rimg1985
  • Rimg1984
  • Rimg1983
  • Rimg1982
  • Rimg1980
  • Rimg1979
  • Rimg1978
  • Rimg1977
  • Rimg1976
  • Rimg1975

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼